宮城県知事と仙台市長宛に「#有害なコロナ対策と自粛の停止を求める要請」署名活動

親愛なる皆様へ

仙台で活動しているKYK健康予防管理の加藤と申します。

わたしは大いに真剣であり、そして今後においてすごく危惧しております。

宮城県と仙台市において「まん延防止等重点措置」命令が発令されております。

わたしが一緒に活動させて頂いております「SOCIAL PLATZ(ソーシャル・プラッツ)」さまとこの度、宮城県知事と仙台市長宛に「#有害なコロナ対策と自粛の停止を求める要請」をすることとしました。

飲食店関係者さま、接客業種さま、他色んな分野の方々がぎりぎりの対策を講じても明日をも越せない状況になっております。

現に国分町などは1/4以上が店を閉めている状況にあるようです。

自分たちは大企業にいるから安全などと思ってないでしょうか?

自分たちだけが良ければ・・・あとは関係ないなんて思ってないでしょうか?

このままこの状況が続くようであれば、世の中が一変してしまうことと、宮城県に限らず国の一大事であります。

皆様は何もしないでこの騒動がそのうち収まるだろうなどと安易に考えてはいないでしょうか?

連日テレビやマスメディアなどの偏向報道だけの情報が正しいと思っているのでしょうか?

この騒動は1年を経過しまして、以下の対策を過度にすべきなのか?に疑問を持っております。

・自粛

・時間短縮営業

・三密

・マスク

・PCR検査

・ワクチン接種

「宮城県・仙台市は、私たちの人間らしい生活と健康を守るために、PCRの結果に基づいた有害なコロナ対策と自粛を停止すべきである。」

今一度、皆さんの今後の暮らし、生命に関わるかもしれないことを真剣に耳を傾けて欲しいという思いです。

内容を是非ご一読され同意される場合は「署名」をお願い致します。

「氏名」と「メールアドレス」のみです。

宮城県と仙台市に提出するだけなので、会社・店などの同僚や他には機密保持となります。

皆さんの一票がひとつでも多いことが私たちの励みになり、国を動かす力にもなるのです。

よろしくお願いいたします。

署名の締切日:4 月 25 日 終了

 ↓

https://voice.charity/events/71



78回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示